FC2ブログ

東京都世田谷区 兵庫島

resize0471.jpg
ここは東京都世田谷区玉川、田園都市線二子玉川駅ちかく。国分寺崖線の湧水を一手に集めて流れる野川が多摩川に合流する地点です。

⇒地図<兵庫島公園>

resize0470.jpg

多摩川と野川の合流地に昔兵庫島は実際に島だったらしい。足利幕府が成立する頃の合戦での逸話から兵庫島という名前がつけられたそうです。毎度思うことですが。。これらの川も長い年月水を運んでいるのかと思うとまたなにやら感慨があります。

resize0472.jpg
二子橋。併走して田園都市線が走ります。手前の流れが野川。二子橋を過ぎたところで多摩川と合流します。

resize0473.jpg
野川は都内を流れる小河川ですが、このあたりになると川幅も広くなります。

resize0474.jpg
野川を渡る橋の袂にこのような階段が。見た感じ最近作られたもののようです。水辺で川に触れられるように施されているのですね。

下りてみましょう。
resize0475.jpg
下流となるときれいな野川も抜群の透明度ではありません。でもこうしてみるときれいですね。

向こうに行くと。
resize0476.jpg
こちらは多摩川。雄大ですね。近年は下水道が整備されひところは汚染された水質もずいぶんと改善されたようです。

resize0477.jpg
多摩川側から見た兵庫島。小高くなっている部分が昔島だったのですね。

resize0478.jpg
島の中にあった案内板。

うらには、
resize0479.jpg
歴史が書き記されていました。

resize0480.jpg
三角州は広く公園として整備されています。このような人工の流れもありました。

resize0482.jpg
はらっぱも広い。

resize0483.jpg
こうしてみると、島の部分が際立ってわかりますね。

国分寺の湧水に源を発し、崖線に沿ってたくさんの湧水を集めて流れる野川は都内にあって自然の香りがする癒しの存在です。
スポンサーサイト



静岡県駿東郡長泉町下土狩 鮎壷の滝

resize0457.jpg
ここは静岡県駿東郡長泉町。御殿場線の下土狩駅です。

このすぐ近くに名所「鮎壷の滝」があります。

resize0456.jpg
このへんは沼津市なのですね。この脇を入れば鮎壷の滝です。



resize0452.jpg
じゃん。鮎壷の滝!

⇒地図<鮎壷の滝>

ここはユネスコによって世界ジオパークに認定された伊豆半島ジオパーク。その中のジオスポットのひとつ。

富士山の噴火によってできた三島溶岩流のなかを流れる黄瀬川にできた豪快な滝です。

resize0444.jpg
これは滝の上から下流を望みます。水が白いしぶきをあげて流れ下ります。轟音が響いていますね。

この滝の上流部分の脇に鮎壷の広場があります。
resize0445.jpg
ちなみに、7人の侍という映画のロケ地として有名らしい・・ずいぶん昔の映画らしく残念ながら観たことありませんが(汗)

resize0446.jpg
滝が眺められる「鮎壷の広場」。

resize0454.jpg
滝の横側はすごい溶岩があらわになっています。

resize0449.jpg
それにしても豪快です!しぶきがここまで飛んできそう。


resize0450.jpg
滝の少し先にはこのように吊り橋が架かっています。

resize0451.jpg
下を見るとけっこう高い。足がすくみます。

resize0453.jpg
つり橋から下流を臨みます。

resize0448.jpg
黄瀬川脇の遊歩道にそって小さな流れがありました。きれいな水流ですが、これは滝の上流から引水しているようです。
なぜそのような引水が必要だったのでしょうか。それはおそらくここから黄瀬川の水を流下させるために作られた本宿用水という用水路へ分流する流れから発生したのではないかと思われます。

resize0455.jpg
本宿用水の案内板。なんでも関が原の時代に灌漑用水として作られたらしい。

resize0447.jpg
この道の脇の用水路が本宿用水。400年前の人が作ったこの用水路が今なお水を運んでいるなんてやはり浪漫を感じずにいられません。

さらに、ここ鮎壷の滝から少し下流に、「黄瀬川の対面」で源頼朝と義経兄弟が合間見えたという歴史的スポットもあります。

「鮎壷の滝」、なかなか見ごたえのあるスポットでした。

埼玉県富士見市 氷川神社と諏訪の森

IMG_1055.jpg
東上線沿線の取材が続きます。ここは鶴瀬駅から歩いて20分くらいだったか・・氷川神社にやってまいりました。

⇒地図<氷川神社と諏訪の森>

確かに歩いていると多少の高低差はあるものの、この氷川神社のあたりはあまり湧水がありそうな感じがしませんでした。


IMG_1053.jpg
いつものようにまずは手を合わせて・・

さて、湧水はどこかな・・

すると!
IMG_1054.jpg
参道の脇に「緑の散歩道」が。こ、これは・・なるほど。こういう展開が待っていたのですね。この先、この地形、ただならぬ“におい”がぷんぷんします。

行ってみましょう。
IMG_1042.jpg
そうなんです。氷川神社からだいぶ地形に落差があり下りていったところにちょっとした広場がありひっそりと湧水を湛えた湧水池がありました。

IMG_1040.jpg
湧水池にはこのような小さな祠がありました。


IMG_1038.jpg
その奥あたりが湧水箇所でしょうか。

数人のちびっこが遊んでいました。地元の子供たちのいい遊び場なのでしょう。

IMG_1041.jpg
さきほどの湧水はこの水路をひたひたと流れてその先へ・・

IMG_1043.jpg
水路はいつしかこのような自然の流れとなります。

IMG_1044.jpg
その先はこんな風・・なんとなくこのあたりからさらにただならぬ様相を呈してきました。


IMG_1045.jpg
あたりにはこんな水源もありました。けっこうな湧水量です!

IMG_1046.jpg
ここも湧水点。

このあたりになると流量もだいぶ増えてます。
IMG_1048.jpg
あたりは湿地状になっていて散策路が施されています。

IMG_1049.jpg
自然な流れです!

IMG_1050.jpg
湧水から川が形成される過程がよくわかる典型例ですね。

IMG_1051.jpg
ついつい似たような写真を取りまくってしまいます。

IMG_1052.jpg
この緑地空間は「諏訪の森」といわれているそうです。

また、この周辺は先に採り上げた栗谷津公園も含め崖線が続く地形となっているようです。ほかにも湧水スポットがいくつかあるようですね。いずれ機会があればまた訪れてみたいと思います。


埼玉県富士見市 栗谷津公園

IMG_1018.jpg
東上線沿線。前回に引き続きみずほ台駅近くの栗谷津公園にやってまいりました。

⇒地図<栗谷津公園>

前回取材した、栗谷津東公園はここから200メートルほどのところ。
ちなみに栗谷津東公園のこと少し調べてみましたが、ドラマとかのロケがけっこう多くネットでぐぐるといろいろ出てきました。
知る人ぞ知る公園なのかも。

さて、栗谷津公園。行ってみましょう。

見た感じは栗谷津東公園と似た感じの公園で、なんだか姉妹公園!? という印象です。栗谷津東公園同様きれいに整備された公園で、まあおんなじ様なもんかな・・などと思っていました。

やはり同じような谷の地形。下りてみると・・池があるのですが・・
IMG_1033.jpg
いいかんじの雰囲気。

ここまでは想定内ですね。

ところが池のほとりを歩いていると・・・
IMG_1020.jpg
マンホールがあるのですが、その脇に地面に穴が開いていて底から水が湧き出しています。それもけっこうな水量です。

なんとなくまだ半信半疑なのですが、もしかしてここ、すごい湧水スポットなのでは?と感じ始めます。
IMG_1021.jpg
このように、湧き出している。。というか噴出しているというような湧水です。

こんな湧水が見られただけで来た甲斐があったな。しめしめ。などと思ってさらに池の周りを歩きます。実はこの公園のすごさはそれどころではなかったのです!

IMG_1023.jpg
ベンチの向こうに小さな橋があります。このベンチの辺りも栗谷津東公園のときと同じように湿地と化しています。

そして!橋の奥には・・
IMG_1025.jpg
不動明王が!しかもなんときれいな水でしょう。もうすっかり心の中ではしゃいでしまっていました。

IMG_1030.jpg
手を合わせて・・

不動明王の奥には水源が!
IMG_1026.jpg
厳かに・・湧き出しています。。

IMG_1029.jpg
本当に澄んだ水。

IMG_1027.jpg
写真を取りまくってしまいます。

IMG_1024.jpg
この水がこの池に注いでいたのですね・・

そして、そして、
この写真の奥左側にある取水枡から・・なんとこの水は前回取材した栗谷津東公園に送水されていたのでした!!

前回のちょっともやっとした疑念が一気に晴れるのでした。

先ほどの橋を渡るとまたベンチがあるのですが・・
IMG_1032.jpg
歩けません。地形的に地下水が染み出しやすいのでしょう。

IMG_1031.jpg
不動明王の説明碑がありました。ここは実に由緒あるところだったのですね。

IMG_1022.jpg
ちなみに実にユニークな砂場がありました。が・・ここも湧水で砂遊びができない状態に!

栗谷津公園、湧水ファンにはたまらないスポットでした!!


さて、駅のほうに行きランチでも。
IMG_1034.jpg
何気なく入った洋食屋さん「洋食エリーゼ えいすけ」というお店。

店内にお店の歴史が書いてありましたが、もともとは東京の四谷に古くからあった老舗の洋食屋さんの味を受け継いだお店だそうです。
おすすめは何ですか?と聞いたら「ビーフトマト焼き定食」(950円)ということで、それをたのみました。デミグラスのようなソースに酸味の利いたトマトソースがからんでいて、やわらかく甘美な牛肉がほっぺたが落ちるというべたな表現ですが実においしかったです。
ご馳走様でした!

埼玉県富士見市 栗谷津東公園

IMG_1008.jpg
東上線沿線の取材が続きます。ここは東上線みずほ台駅から歩いて15分くらいのところ。

栗谷津東公園?です。地図を見てここにやってきました。でも・・「栗津西公園」とあります。
はて・・この名前で検索してみても該当する公園は出てきません。。

なので地図に出ている通り栗谷津東公園として取材します・・

なんでだろう??

⇒地図<栗谷津東公園>

ここも起伏に富んだ地形です。

まず目に映ったのは・・
IMG_1007.jpg
谷の地形。池がありその横にはこれはビオトープでしょうか。

さて下りてみましょう。
IMG_1013.jpg
池のほとりにはベンチがあるのですが・・・地面が湿地状になっていて行けません。

これは梅雨の長雨のせいでしょうか。


IMG_1009.jpg
ここが水源のようです。きれいな水がわりと豊富に流れ出しています。
しかし・・なんとなく・・これ本当にここで湧き出しているのだろうか・・との疑念が湧き起こるのでした。

公園のどこにも湧水との説明がありません。取材をしていると時折このようなケースがあるのですが。

どこかから送水されていたり、地下水を揚水していたり。ここももしかしたらその可能性もあるな、と思いました。

IMG_1010.jpg
きれいです。

IMG_1011.jpg
このような流れとなり、先ほどの池に注ぎます。

もう一度上から・・
IMG_1015.jpg
この地形といい、先ほどの写真にあったように湿地状になっていたことからもここに湧水があっても不思議ではありません。

実はこの疑念は後ほどすっきりすることになります。

IMG_1016.jpg
このすぐ近くに栗谷津公園があります。次はそこを取材します。
プロフィール

mosumi100

Author:mosumi100
主に神奈川、富士周辺の清流と泉をご紹介

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR